Blog

つれづれ

海の日のピンズ

IMG-0835_r.jpg

海の日に
帆船ピンズと瀬戸内海
世界に一つしかない
海洋国ならではの記念日

こんにちは!かいこです。

今週月曜日は祝日「海の日」でしたね。
かいこの実家は、神戸なので、帆船ピンズ海をバックに撮ってみました。

「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことをお祝いする日なのだそうで、世界的にも海の日を祝う国は日本だけなのだそうです。

数年前までは、7月20日でしたが、2003年ハッピーマンデー制度によって、7月の第3月曜日に変更されました。
もっと遡れば、祝日化される前は「海の記念日」という名前で、明治天皇が東北地方を巡幸の際に、汽船「明治丸」によって航海し7月20日に横浜港に入稿されて、横浜御用邸伊勢山離宮に帰着されたことを記念される日だったそうです。(wikipediaより)

IMG_1498_r.jpg
今では、航行している姿はなかなかお目にかかれない帆船ですが、練習船として今も活躍しています。横浜みなとみらい21地区にある「日本丸」。富山新港海王丸パークの「海王丸」が有名ですね。世界的には、セイルトレーニングという人材育成プログラムもあるそうです。

海と共に歩みを続けている私たち。身近にありながら、実はその関わり合いについては知らないことも多そうです。また、津波や台風への防災対策も含めて考えてみる良い機会なのではないでしょうか。

海の日を中心とした約1週間は「海フェスタ」という、海に関するさまざまなイベントが開催されています。是非この機会に目を向けてみたいですね。

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

広告
つれづれ

共有できることの大切さ

varierycomu1.jpgひとりぼっちにさせない
共感し合える仲間がいる
そう思えることが大事なんだね

こんにちは、かいこです。

「孤独」と「孤立」には大きな違いがあるとのこと。

「孤独」は自分で選択できることで、例えば“今日は一人になりたいな”というように自由な感情によるものです。

しかし「孤立」はそれとは違って、共感できる人がいない。話す相手が欲しいのにできない、家族や知り合いは身近にいるのに、ひとりぼっちだと感じている状態をいうのだそうです

「孤立」は、孤立死や、引きこもりなどを招き、社会に及ぼす影響も大きく問題となっています。

自分の居場所はここなんだという確信が、安心感につながることから、
「共有する」ということが大切になっています。

ピンズは、「つながり」を表すことができるツールです。
新しいつながりを生み出すことだけでなく、今までの自分の立ち位置や、周りの人とのつながりを再確認するということも大きな意義があると思います。

“ひとりぼっちにさせない”
それに少しでもピンズがお役に立てればと願っています。

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

Uncategorized

マットな大人ピンズ

 

doggypins.jpgシンプルなんだけど
どこかお洒落で華やかさもある
そんな大人に似合う
マットな質感のピンズです

こんにちは。かいこです。
ピンズをコーティングするメッキには、ゴールドやニッケル、ブラッグなど
色々ありますが、その中で今回は「コートサテンメッキ」をご紹介です。

こちらは、艶やかというよりは、マットな質感のメッキです。
自然素材、例えば下のようなワイルドなレザーや、リネンなどに合わせると
映えるのではないでしょうか。
doggypins2.jpgまたプラスチックなどの素材にも近似させることができるので、
プラスチック製品の精巧なミニチュアピンズを製作したい時などに、
利用することがあります。

こちらのコートサテンは、マットな質感ですが表面が滑らかなので、
汚れにくいという利点もあります。

どんな質感がいいかなど、なんとなくでもイメージがあれば、ぜひ弊社のクライアントパートナーにお問い合わせください。イメージに合う素材を提案させていただきます。

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

Uncategorized

重要なお知らせ_弊社ウェブサイト障害発生について

【重要なお知らせ_弊社ウェブサイト障害発生について】

本日2018年7月4日未明より、
弊社ウェブサイトのサーバにおいて、
障害が発生しております。

アクセスいただいたお客様には
ウェブサイトが表示されない、
問い合わせができない、
見積依頼ができない、等
大変にご迷惑をおかけしております。

現在復旧を急いでおります。
今しばらくお待ちいただきますよう、
何卒お願いを申し上げます。

なお、お急ぎのお客様は下記へお問い合わせをいただきますよう
お願い申し上げます。
========================
問い合わせ先
E-mail: info@pins.co.jp
TEL: 03-5441-7417
FAX: 03-5441-7428
=========================

この度は、サービスをご利用の皆様に、
大変なご迷惑をおかけしておりますことを
深くお詫び申し上げます。

―――――――――――――――――――
PINS FACTORY(ピンズファクトリー)
〒108-0073 東京都港区三田4-15-35 7F
マーケティング担当:小林朋広

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

ピンズ工法

立体なピンズでオリジナリティを出そう!

IMG-1576インジェクション工法で
リアルなボトルをピンズに。
オリジナル感も半端ない!

こんにちは。かいこです。

今日は、立体デザインを可能にするインジェクション工法についてご紹介します。

インジェクション(Injection)とは、一般的に、加熱溶融させた材料を金型内に射出注入して、冷却・固化させて成形品を得る方法を指します。

こちらのウィスキーボトル(スキットル)も、同じように、亜鉛合金を型に注入して成形したものです。
これによって、立体的なデザインできるんですねぇ。
ピンズにしたい“モノ”の、お写真などをご提示いただけば、弊社にて3Dデザインに落とし込み製作させていただけます。

なお、通常スタンププレス工法の場合、強度を保つためラインストーン使用の数に制限があるのですが、このインジェクション工法の場合は、デザインの範囲内ではありますが、ラインストーンを多く置いていただくことができます。

360℃どの方向から見ても、楽しいピンズです♪

弊社のピンズは、一デザイン(一品)について生産するので、オリジナリティが半端ないです!

関連サイト:ピンズ工法>インジェクション工法(亜鉛合金)

PINS FACTORY website:http://www.pins.co.jp/user_data/method/method4.php

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

ピンズ工法

メッキの目利き

tenorihedgehog

メッキの目利き
手乗りハリネズミ
どっちがお好き?

こんにちは。かいこです。
ピンズに使われるメッキには、数種類ございます。
金(ゴールド)、ニッケル(シルバー色)、アンティークブロンズ、アンティークシルバー、ブラッグニッケルなどなど…

同じデザインや色でも、使うメッキによって印象が変わることも多々あります。
例えば、下のような実例(スタンププレス工法)。hedgehog2.jpg
(左)ニッケルメッキ(右)金メッキ

左も右も、同じデザイン、同じ色で着色しています。
ニッケルですと、左画像のように、全体的に少し青みがかっているように感じます。クールな印象ですね。逆に、右画像の金メッキは、温かみが感じられます。華やかさもあります。

これは、メッキによって、周辺の色が影響を受ける「目の錯覚」から起こることです。
ピンズを製作される場合は、この辺りの影響もご考慮いただきますと、より印象深い仕上がりになります。

なお、弊社ではご発注・入稿後に、校正用の「サンプル」をお届けしています。
サイズ感や、色など、実際に手にとってご確認いただくことができます。その後量産への工程へ入ります。

オリジナルのものだからこそ、愛着の沸く素敵なピンズにしたいですよね。
ぜひお客様の“こだわり”を私たちにお伝えください。経験豊富なCP(クライアントパートナー)が、お客様のニーズに合った最適な内容をご提案差し上げます。

また、「どんなメッキの色がいいのかな」「このデザインだと、どの工法がいいのかな」「作ってみたいけど、ピンズはどんな風に使えるのかな」「サイズ感がわからないな」などのご質問も、お気軽にご相談ください。

関連サイト:ご注文手順と納品までの流れ

PINS FACTORY website:http://www.pins.co.jp/user_data/orderguide/

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

Uncategorized

涼を感じる寒色ピンズ

IMG-1015

紫陽花と雨と、、ジメジメな季節
視覚からも爽やかに過ごしたいものです。

こんにちは。かいこです。
本格的な梅雨となりました。
体調管理が難しい時期ですね。

ところで、古来から日本人が、視覚・聴覚からも涼やかさを感じられるよう工夫をしてきたことは、よく知られたことです。そこで、「夏の伝統色」と調べてみたところ、

usuasagi.jpg
薄浅葱(うすあさぎ)平安時代からの伝統色で、薄い藍色または淡い青緑色
wakatakeiro.jpg
若竹色(わかたけいろ)若竹のように黄み薄い爽やかな緑色。
tsuyukusairo.jpg
露草色(つゆくさいろ)早朝に咲く露草の花にちなんだ明るい薄青色。
kogamoiro
小鴨色(こがもいろ)濃い青緑色。
kakitsubata
杜若色(かきつばたいろ)江戸時代には、江戸紫で親しまれた赤みの強い紫。
などがありました。どれも寒色系で、涼を感じますねー。

ピンズにも、涼を感じる色があります。
IMG_1334_2.jpg上記は、合成七宝“透明色”の色見本です。
スタンププレス工法の際に用いられる着色方法の一つで、液体の着色料ではなくガラス質の粉状釉薬をピンズの金属凹部分に乗せ入れて、700~800℃で熱し着色していきます。本七宝に比べて色のバリエーションが豊富です。
また上記は透明色といって、ガラスのような質感が楽しめます。
5-8番、12、13、14番などが、寒色系となります。
IMG-1338初夏の星座、双子座ピンズにも、透明色の青が使われています。
星と星をつなぐ線は、蓄光なので暗いところで青白く光り仕様です。

色で季節を楽しむ、粋ですよね。

 

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/